イベント

ブリヂストン美術館「ベスト・オブ・ザ・ベスト」

工事のための休館を前にした展覧会 ブリヂストン行くのは2度目。初めて行ったときにとてもよかったので、行っておきたかった。最終日前日でなんとか行けた。 以前行ったときは比較的空いている時に行っていたため、今回はとても混んでいてちょっと驚いた。 …

マグリット展

新美術館 マグリッドオンリーで100点以上、初期のものから晩年までおおむね時系列にそってずらっと並べられている。ところどころ、マグリッドの手がけた商業デザイン、マグリッドの絵が使われた書籍等も展示されている。 各ブロックごとの説明文は当然あった…

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 2nd LIVE PARTY M@GIC!!

シンデレラガールズの2ndライブ@代々木第一体育館 楽しかった 楽しいパーティだった もう感想はそれだけでも十分じゃないか、という感じもするんだけど 何より、21人も出てて5時間もやっていたので、ちょっと情報量多すぎて、もう結構何が何だか分からなく…

チューリヒ美術館展――印象派からシュルレアリスムまで

オルセー美術館展 印象派の誕生――描くことの自由―― - logical cypher scapeに引き続き、はしごした。 どっちも新美術館 オルセーは、混雑っぷりもあって、決して悪くはないけど、ちょっと疲れの方が大きい、という感じになったけれども、チューリヒは、よか…

オルセー美術館展 印象派の誕生――描くことの自由――

まあ、案の定混んでた 混雑に気を取られて、あんまりちゃんと見れてない が、とりあえずメモってきたものを記録しておく マネから始まってマネに終わる構成 モチーフごとに並べられている 1章 マネ、新しい絵画 1860年代のマネ あと、当時の印象派の画家たち…

太古の哺乳類展

上野の科博 日本で発見された絶滅哺乳類の化石展 デスモスチルス類とゾウ類の全身骨格が目玉 ホロタイプ標本や実物化石も多い 音声ガイドが沢城みゆき 解説してくれる人役と、ヒゴテリウムのひごちゃん役、ナウマン象の子どもちびなう役、ヤベオオスノジカの…

宇宙博2014

幕張メッセ 非常に見るものが沢山あり、全部回るのに4時間くらいかかった。宇宙船のコクピットとか月面車とかきぼうとか、とにかく色々。 もとより、夏休み期間中や土日は混雑してやばいだろうと思って、9月の平日で休みになるところがあったので、そこで…

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 1stLIVE HAPPY☆PERFORM@NCE!!

アイマスミリオンの1stライブ、LVで2日目のみ参加してきた。 今年は、2月にSSA、4月にシンデレラ1stがあり、それに続くアイマスライブ、さらにいえば、8月、10月に本家のツアーライブがあるので、ちょうど今年のアイマスライブラッシュの真ん中に位置す…

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!!」

シンデレラガールズの1stライブ、両日ともライブビューイング*1で見に行った。 とても楽しかったし、みんなかわいかったし、2日目の夜公演は出演者が涙していて、とてもよいライブだった。 モバマスことアイドルマスターシンデレラガールズについては、自分…

ラブライブ!μ's→NEXT LoveLive!2014 〜ENDLESS PARADE〜

2日目にライブビューイングで参加してきた。 前回は1人参加だったが、今回はラブライバーの友人や後輩と一緒に参加。 座席位置は、ちょうど真ん中の通路のすぐ後ろの列で、かつ横の通路側だったので、あまり周囲の人を気にせずにすむ位置でよかったw 以下…

「モネ、風景をみる眼」

国立西洋美術館のモネ展 西洋美術館とポーラ美術館が所蔵している印象派やその周辺の作品を集めた展覧会で、やや雑多なところもあるのだが、まあ色々見れてよかった。他の人と比較できてよい部分と、これ何で一緒に並んでるんだって部分とがあった。 また、…

「大恐竜展―ゴビ砂漠の驚異」

上野の科学博物館 モンゴル・ゴビ砂漠で発見された実物化石の標本と、ゴビ砂漠での実際の発掘調査の模様を撮影した映像などで構成された企画 去年見た横浜や幕張のものより、渋い感じがしたw(復元模型とか恐竜ロボットとかないので) 犬塚則久『恐竜ホネホ…

ターナー展

東京都美術館。 初めて行ったところだった。大きめ。 土曜の午後から行ったので、そこそこ混んでた。会場全体の照明は暗め。 最初から最後までターナーの作品だけで、およそ110点ほど ほぼ全てテート美術館所蔵のものだが、テート美術館には2万点ターナーの…

OUT OF DOTS2013

見てきた。 当日タイムテーブル Qrion→Nyolfen→Hypo77→Q/Ghost→CallaSoild→Saitone→mergrim x kazuya matsumoto →PARKGOLF→Phasma→Seiho→GoQualiaと見た。 今回、一番見れてよかったのは、Q/Ghost Qrionもよかった 飛び跳ねれたのは、CallaSoild、PARKGOLF、…

第15回自然科学研究機構シンポジウム アストロバイオロジー

ustで配信されていたのを途中まで見ていた 第15回自然科学研究機構シンポジウム アストロバイオロジー ust実況 - Togetter

名古屋哲学フォーラム2013秋「美を語る資格があるのは誰だ? 心理学(脳神経美学) vs 科学哲学 vs 分析美学」

日時: 2013年9月14日(土曜日)午後1時半より 会場: 南山大学名古屋キャンパスR棟R32教室 行ってきました。 名古屋は2度目。とはいえ、1度目は、他のところへの旅行の途中で立ち寄って名古屋駅の近くで昼食食べただけ。今回も、南山大学直行して、またすぐ…

アメリカン・ポップ・アート展

新美術館 ポップアートは、なんか分かったつもりでいたけど、実際見てみたら全然そんなことなかった まず、ロバート・ラウシェンバーグ 初っぱなから圧倒された。 何が、とはいわく言い難いのだけど、この前、宮下誠の『20世紀絵画』で具象と抽象について読…

片山博文展「Facts in Flatness」

まるでCGと見まがうような写真(グルスキー展)を見たあとに、まるで写真と見まがうようなCGを見てきた 片山博文は写真をパソコンに取り込み、イメージを数値へと変換させ、写真の姿を借りたコンピューターグラフィックス=「偽物の写真」を作り出します。片…

アンドレアス・グルスキー展

国立新美術館 ディテールとスケールに圧倒されて、とても楽しかった。 見に行く前にたまたま「アンドレアス・グルスキー展」 : Living Well Is the Best Revengeを読んでいたのだが、この記事では、崇高概念や抽象表現主義絵画と絡めて論じられている。 実際…

大橋可也&ダンサーズ/飛浩隆『グラン・ヴァカンス』

大橋可也&ダンサーズの『グラン・ヴァカンス』を見てきたのだが、それに先だって原作小説を再読したので、それについても書く。 ダンス版 土曜日の昼公演を見てきた まず、コンテンポラリー・ダンスを見るのがはじめて、なばかりか、そもそもダンスを舞台で…

「色を見る、色を楽しむ――ルドンの『夢想』、マティスの『ジャズ』……」ブリジストン美術館

ブリジストン美術館は以前から行きたいと思いつつ、実は初めて。 ルドンは以前ルドン展見てたから、それほど目当てではなく、まあマティスとか印象派とか見たいなあという感じで行ったんだけど ブリジストン美術館すごいね 自前のコレクションでの展示なんだ…

μ's 3rd Anniversary LoveLive!

ライブビューイングで見てきました。 一体何から書けばいいのか分からないので、時系列順に書いていきます

佐々木マキ見本帖

佐々木マキというと、村上春樹の表紙挿絵が一番有名ではないかと思うが、『たくさんのふしぎ』読者だった自分にとっては、何をおいても『たくさんのふしぎ』で何度も読んだ絵本の印象が強い。 たとえば『飛びたかった人たち』や池澤夏樹が文を担当した『宇宙…

フランシス・ベーコン展

近代美術館 当初、行こうと思っていた日に熱を出してしまい諦め気味だったところ、やおきさんが「明日行くけど誰か一緒に行く人います?」って言ってたので、やおきさん、じゅんさんと3人で行ってきた。 近代美術館の入り口の前で待ち合わせしていたのだが…

M3−2013春

初めてのM3 お昼頃から行ったけど、人多くてびっくりした。 東京流通センターへ向かう途中、サークルチェックしたメモを家に忘れていたことに気付く。会場でカタログ買って、チェックし直し。Webに載ってるのとカタログに載ってるのと、載り方が違って難儀…

超文フリ・超会議

少し遅れましたが、お疲れ様でした 筑波批評・フミカのブースにお立ち寄りいただいたみなさん、ありがとうございます。 まあ、正直、普段より売れませんでしたがw それでも幕張まで買いに来てくれた人もいるのだと思うとうれしいです。 さて、筑波批評の方…

THE IDOLM@STER MUSIC FESTIV@L OF WINTER!!

二度目のアイマスライブに行ってきた@幕張メッセイベントホール 昼夜二公演あったうちの昼公演の方 幕張メッセで同じ日にワンフェスやってるのは知っていたのだけど、さらに私大の入試と確定申告の相談会もやってた。 会場付近は、もちろんアイマスの客がほ…

行ってきたものメモ

幕張恐竜博 横浜のものより大規模だったが、横浜の時ほど気分がのらなかった。 全身骨格は、○○VS○○みたいにシーンの再現になっていたりして、あるいはでかいやつ並べてたりして迫力はあった。 目玉は、中国で発見された羽毛恐竜。大型の恐竜にも羽毛があった…

ヨコハマ恐竜展

最近、恐竜の本を読んだけど(小林快次『恐竜時代1 起源から巨大化へ』 - logical cypher scape)、実はこれに行くための予習的なものだった。 子どもの頃、恐竜好きだったのだが、ある時期からあまりフォローしなくなっていた。恐竜の記事を見かけたら読ん…

エルンスト展

横浜美術館 土曜日に横浜美術館のエルンスト展に行ってきた。 しかし、その日はその後、アイマスライブに行ったものだから、エルンスト展の印象がかなり飛んでしまっているw まあそのことは予想済だったので、メモってあるものを転載 横浜美術館でかっ! エ…