アニメ

『ラブ、デス&ロボット』

ここ数日TLを騒がせているこの作品。 この間ようやく見終わったところなので、ちょっと感想とか Netflixのオリジナル作品で、全18本の短編アニメーションオムニバスシリーズである。 デビッド・フィンチャーがプロデューサーの一人であり、また『スパイダー…

『この世界の片隅に』

遅ればせながら見た 雑な感想です 冒頭のクリスマス時期の広島の町並みから情報量に圧倒される画面 空襲シーンを描くのに絵の具になるのやばー 8月6日に向かって日が進んでいく時、見てる側の緊張感がやばい。広島に帰る話出てくるし。 原爆落ちるまで呉より…

『GODZILLA怪獣惑星』

面白いじゃん いや、ちょっと不安交じりで見に行ったのだけど、面白かった 自分の場合、怪獣映画の原点は、平成ゴジラのVSシリーズと平成ガメラで まあ子供の頃見たっきりで、大人になってから見返してないから、まあほとんどちゃんと覚えていないようなもの…

『夜明け告げるルーのうた』

見事な音楽アニメ 最高に気持ちいい 人から勧められて突発的に見にいったので、ほとんどどんな作品が知らない状態でいったら、開始5分くらいでノックアウトされたw 実を言えば、湯浅作品を見るのも初めてだった…… 主人公のカイくんが、自作の曲を動画サイト…

『虐殺器官』

『屍者の帝国』も『ハーモニー』も見そびれたけど、『虐殺器官』は見にいってきたぞ! シーウィード、マジで海苔だ!w みたいな、映像化ならではの面白さ(?)もありつつ。 全翼機に感じるよさってなんなんでしょ 射出ポッドの着陸時の容赦のなさとかすご…

『境界の彼方 I'LL BE HERE 未来篇』

愛ちゃんの出番がそれなりにあった!(最初の感想がそれか) 記憶を失った未来に対して、記憶を思い出さない方が未来は幸せだと考え未来とは会わないようにする秋人あたりを描いた前半の方が、泣けたし、前半の方がアクションシーンも多かった。 後半はちょ…

2014年まとめ

普段、1年を振り返って系の記事は書いてないのだけれど、今年はちょっと書いてみるかと思うことがあったので、書いてみた。 主にこのブログに書いたことについて。多少、このブログでは書かなかったことについても触れてるけど。 読書 実は今年は、年始に「…

『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』

ブログに書くまでもないか、と思って、別の場所にメモってただけの奴 アンツィオ戦、面白かったー まず、練習シーンがあったのがよかった。練習しつつも、各チームのカラーがでて結局しっちゃかめっちゃかになってるのが楽しいw アンツィオの副官の人、能登…

『劇場版 プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン』

現在、レインボーライブ(アニメ3期)を視聴中だけど、オーロラドリーム(アニメ1期)、ディアマイフューチャー(アニメ2期)は未視聴。ゲームも無論やってない状態で見に行った。 で、ほとんど事前情報を調べずに、なんか映画やってるらしいというのだけ…

『THE IDOLM@STER 輝きの向こう側へ』

1回目見たときは、まだ感想書けないなあと思って、2回目見てきてまあ少しは書けるかな、というか、とりあえず書いておこうかと思ったので書く。 いやしかし、何か書けばいいのかねw このブログで自分が映画や小説について書くときって、自分の感想も書く…

『劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』

楽しかった(小並感) 個人的には、あれグッドエンドじゃん、よかったじゃんみたいな感じで、テレビシリーズより好きかも まあ、テレビシリーズの時と同様、まどマギってよくできた作品だなあという感じであって、格別な思い入れはないんだけど。 ただ、テレ…

『劇場版花咲くいろはHOME SWEET HOME』

TVアニメ「花咲くいろは」の劇場版で、TVアニメシリーズが好きだった自分としては、満足ゆくものだった。 監督がインタビューで、初めての人にも楽しんでもらいたいが、まずはTVアニメのファンに喜んでもらえる作品を、みたいなことを言っていたと思う…

『蒼穹のファフナー』

土日に、ニコ生一挙放送をやっていたので見た。 エヴァQを見たその日の夜からで、それ以外のことは大してしていないのだが、濃密な2日間だった 面白かった フェストゥムという敵が襲ってくるのに対して、子どもたちがファフナーというロボットに乗って戦う…

『ヱヴァンゲリオン新劇場版Q』

実を言うと、映画館でエヴァを見るのは初めてです! という、何というか場合によっては怒られそうな感じ(?)で、エヴァについては通り一遍には知ってるけど、あまりちゃんと見てはいない人です。 で、まあ結構楽しんで見れた。 話とか設定とかが十全には理…

『おおかみこどもの雨と雪』

土曜日に見たんだけど、あいだあいてしまってなんか感想書く気にならないので、twitterから転載 おおかみこども、見た! http://t.co/julywcVK 宮崎あおいにも大沢たかおにも菅原文太にも気づかなかったくせに、ミンゴス出てたことにはすぐ気づいた。俺の耳…

『けいおん!』

映画館行ったら、ちびっこもいるし、女性客もいるし、公開から一ヶ月以上たってるのに客の入りもいいし、「こ、これが社会現象か」とびびったりしたw 話には聞いていたけれど*1、見るまでは信じられなかった。というか、『けいおん!』は確かに面白いけれど…

『背景から考える――聖地・郊外・ミクスドリアリティ』

『アニメルカ』に何回かにわけて掲載されてきた、みよじ・はるを・よしたか、tricken、反=アニメ批評による座談会を一冊にまとめたもの。 さらに、『マイマイ新子と千年の魔法』の監督と、『けいおん』の高校のモデルとなった豊郷小学校がある豊郷町産業振…

加藤幹郎編著『アニメーションの映画学』

映画研究の手法でもって、アニメーションについて論じる論文集。 以下のエントリをきっかけに読んだので、参照に。というか、概要は以下のエントリに任せて、各論文の感想を。 『アニメーションの映画学』読みました - 覚え書き、あるいは思考メモ 第1章「…

『serial experiments lain』

OPがかっこよかったのと、短かった(13話)だったので、気付いたらyoutubeで全部見ていた。*1 ネットものだと思ってみてたら実はネットものじゃなかったよアニメっていうことで、まるで『電脳コイル』のようでうもあるw というか、ネットで物語を描こうと…

ゼーガペイン

現実世界か仮想世界か、という二者択一を迫るように見せかけて、その対立をうまく避ける方向に進めたのかなという感じはする。まあ結局は現実世界の肉体を選ぶわけだけど。 OPとEDがよい曲だったし、話の進め方が丁寧だったし、ネタ回とかまとめ回とかなしだ…

『サマーウォーズ』

面白かったー。 だがしかし、「面白かったー」以外に特に感想のない作品でもあるw それは『時をかける少女』と同じく、エンタメとしてよくできているということで まあ、大体どんな人が見ても楽しめるのではないかなあと思う。 ストーリーにも設定にもツッ…

『スカイ・クロラ』『崖の上のポニョ』

この夏話題の映画を一気に見てきたよ! 『スカイ・クロラ』は燃え萌え映画 『崖の上のポニョ』はあまりに意味不明で怖い という一言で、自分の感想はほとんど言い尽くされている。 この二本をまとめて評するのであれば、 宮崎・押井の両巨匠が「俺の考えるセ…

『コードギアス反逆のルルーシュR2』

第8話「百万のキセキ」まで見た。 どうも賛否両論飛び交っているらしいのだが、僕はとても面白いなあと思いながら見た。 S.A.C.や太陽の黙示録的なところまで辿り着いたなあという感じ。 あるいは前回のエントリで、メディア的な状況としてマスメディアは沢…

『コードギアス反逆のルルーシュ』

この時期にコードギアスの感想を書くと、今やっているさいちゅうのR2の感想かと思われそうだが、R2はまだ見ていない*1。 最初にこんなこと書くのも何だか逃げみたいだが、僕はアニメには詳しくない。詳しくないので、アニメとしてどうのこうのということ…

電脳コイル

元日の総集編を見た。 おー、なんか良い感じのジュブナイルかなーと思った。 全然読んだことがないのだが、恩田陸とかこんな感じかなとか*1。 ホラーでも伝奇でもなくて、都市伝説というか学校の怪談というかそういう系のジュブナイル。 くさい台詞が頻出す…

『鉄コン筋クリート』

を、友人宅で鑑賞。朝の5時から7時にかけて見たので眠かった。 ほんとに松本大洋の絵のままアニメになってるのは、すごいなあと思った。 あと背景。 薄ぺっらい紙を重ねて立体感を出すような感じ。ああいう絵を描く画家がいた気がする。 で、滅茶苦茶動く…

銀英伝

昨日は、はてなが豆まきしてて使えませんでしたw で、その代わりというわけでは全然ないですけど、サークルの人たちと銀英伝を見ておりました。 原作で2巻にあたるところ、第1部まで。 26話でしたっけ、そんなに見た気がしないくらい、あっという間。 …

『パプリカ』

精神分析、夢、映画、サンプリング、自己言及 そういう作品。 「夢の論理」の授業を取っている人は、見るべき。 この授業では、フロイトの夢分析とシュールレアリスム絵画の関係についてやっていて、どのようにして夢というイメージが作られているかを学んで…

『蒸気船ウィリー』

今日は集中授業があって、そこでディズニーの初期作品なんかを見た。 『蒸気船ウィリー』 『ミッキーのお化け屋敷』 これが、なんととても面白かった。予想以上によく動くのだ。 当時のアニメ技術の水準がどれくらいにあったのか、よく知らないので、これだ…

ジャイアントロボ

遅ればせながら、今川ジャイアントロボを見ました。 素晴らしきヒィッツカラルド 静かなる中条 これで全ての感想を終わらせていいくらいなんですが。 でも、あとオロシャのイワンと花栄、黄信も好きです。 見ていてとても気分が高揚するのは、おそらく聴覚的…