『アウトレイジ最終章』

ピエール瀧大杉漣をいかに面白く殺すかという映画
いや、アウトレイジシリーズは、無印、ビヨンド、そしてこの最終章という三部作になっているのだが、自分は、無印は見ていたのだが、ビヨンドを実は未見で、それにもかかわらず、まあビヨンド見てなくも分かるだろうという全く根拠のない思い込みで見に行ったもので、感想が上の1行になってしまった。
ビヨンドから引き継いでいるところも結構あったようで


無印で印象に残ったのは、やはり、椎名桔平(とその死に方)であって、本作でもそういうものを期待したのだが、ちょっとそういう作品ではなかった。
どちらかといえば、老俳優たちの老いの刻まれた顔をでかでかと写し出す作品だった。
西田敏行岸部一徳の目の下のたるみが、とにかく印象に残る。
色々な殺し方、という意味では、冒頭に述べたように、ピエール瀧大杉漣なのだけど、両者ともにどちらかといえばコミカルな最期になっている。
あとは、北野武池内博之を撃ち殺すところと、パーティ会場で大森南朗と2人で機関銃を撃ちまくるシーン、そしてラストシーン
パーティ会場のシーンはかっこいいシーンですけど
池内博之はもう少し見せ場があって欲しかったけど、今回のメインはどちらかといえば老人たちなのだろう。
あー、そういえば津田寛治もあっさり死んだなあ。あっさり死んじゃうこと自体は別にいいんだけど。
かっこいいといえば、屋上で、塩見三省・西田が武・大森と会うシーンの音楽がよかった。


あらすじ
大友(北野武)は、チャン会長にかくまわれて、韓国・済州島で女衒をしている。そこに花菱の花田(ピエール瀧)が女を買いにやってきて女とトラブる。
ピエール瀧が、500万だかを武に払うのをケチって若いのを殺してしまったところから、どんどんトラブルが雪だるま式に大きくなっていく。
花菱は、元証券マンの野村(大杉漣)が娘婿ということで会長を継いでいるが、若頭の西野(西田敏行)はそれが気に入らない。野村は野村で西野が邪魔なので、西野の舎弟である中野(塩見三省)に跡目をちらつかせて裏切らせようとする。
花田は、シャブでも何でもやって金を稼ぐので、使い出のある奴だと思われている。
花田の起こしたトラブルが、チャングループと関わっていることを知った中野は、西野や会長には黙って、話をつけにいこうとするが失敗。
ピエール瀧=花田は、最初にお金をケチったばっかりに、3000万だの1億だの2億だの出す羽目になっていく。
花菱は、チャンの仕業に見せかけた内部抗争を始めるが、事が露見し、チャングループとの抗争も始まってしまう。
花菱傘下になっていた山王会も巻き込まれつつ、情勢を伺う。
そこに大友が済州島の市川(大森)らを伴って帰国する。過去の落とし前をつけようとする大友と、会長を追い落とそうとする西野の利害が一致する。
あらすじに入れられなかったが、組対の刑事として松重豊が出てくる
チャン会長というのは、日韓にまたがる大物フィクサー

西田敏行岸部一徳といった連中は生き残るし、松重豊は警察辞めてどっか消えちゃうし、武は己の美学の中で自決しちゃうし
もやもやしたものが残る終わり方ではあった。