オキシタケヒコ『筺底のエルピス3―狩人のサーカス―』

ライトノベルの皮を被ったハードSFシリーズ第3弾
二分冊になってしまったうちの前半
1巻の時から絶望的な展開を見せる同シリーズだが、その傾向は益々加速している。というか、容赦なく死ぬ。
別に愛着あるキャラってわけじゃないんだけど、ちょ、お前ここで退場かよー、みたいなきつさ
ベストを尽くしているはずなのに事態が打開しない。敵が強すぎる。
いやまさに帯にあるとおり「最恐の敵と最善の策と。」って感じだ。
あと、人類滅亡までの期限がめっちゃ短くなってるし。


それでいて、敵の新キャラスナイパーの子が、読み手に感情移入させるキャラになっていて、なかなかどうしてという感じ。
それはそれとして、アリスのCVは山岡ゆりでお願いします。


ああもう、すごいすごいすごいやばいやばいやばいみたいな話なんだけど、
ちょっと最近ブログに書くものが立て込んでしまっているのと、ちょっと読み終わってから期間があいてしまったこともあるので、短いのでちょっとこのくらいに。
というか、まだこの話、次の巻まで終わっていないし。