『夏への扉』

タイトルが素晴らしい。
この題名のセンスのよさが、この小説の全て。
あとネコ。
これはもちろんSF小説なのだけど、あえてネコ小説と呼びたい。

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))