トッド・E・ファインバーグ,ジョン・M・マラット『意識の神秘を暴く 脳と心の生命史』(鈴木大地 訳)

サールの「生物学的自然主義」を引き継ぎ「神経生物学的自然主義」を掲げる筆者らによる神経生物学的な意識研究の本
前著『意識の進化的起源』のダイジェスト的な本らしく、前著の方を未だ読めていなかったので、とりあえずこっちを手に取ってみた。
基本的な話としては面白いのだが、意識のハードプロブレムの解決になっているのかというと、もっと詳しい議論を読まないとよく分からない、という感じで物足りなさが残った。

第1章 どうして意識は「神秘に包まれて」いるのか?
第2章 ギャップに迫る─イメージと情感
第3章 脊椎動物の意識を自然科学で解き明かす ①心的イメージ
第4章 脊椎動物の意識を自然科学で解き明かす ②情感
第5章 無脊椎動物の意識という問題
第6章 意識を生みだす特性とは何か
第7章 原意識の進化とカンブリア仮説
第8章 主観性を自然科学で解き明かす
デカルトの神秘的な幽霊の正体─訳者あとがきに代えて
用語集


第1章 どうして意識は「神秘に包まれて」いるのか?

第2章 ギャップに迫る─イメージと情感

意識は、外受容意識、内受容意識、情感意識の3つのドメインに分けられるとする。
さらに単純化して、心的イメージと情感の2つに分類する(外受容は心的イメージ、情感は情感、内受容が心的イメージと情感にまたがる)
また、説明のギャップについて、これを「参照性」「心的統一性」「心的因果」「クオリア」の4つに分けている。

第3章 脊椎動物の意識を自然科学で解き明かす ①心的イメージ

外受容感覚意識を生み出すには、感覚器官からの信号を受け取るニューロンが同型的地図として配置されていると推定
哺乳類だけでなく鳥類や魚類など脊椎動物の脳内のどこにそのような神経的基盤があるか
種類によって、脳内の場所は異なる
一方、無脊椎動物にはそのような神経的基盤がなく、同型的地図が初期の脊椎動物で進化したのだと論じている

第4章 脊椎動物の意識を自然科学で解き明かす ②情感

情感の基準として「大域的オペラント条件づけ」を行うかどうか
大域的オペラント条件づけまでは行わないが、単純な感情価と行動のシステムをもつ動物についてなど


イメージも情感も、種によってそれを実現する神経回路は異なる

第5章 無脊椎動物の意識という問題

無脊椎動物のほとんどは、脳の構造的に意識はないと考えられるが、節足動物た頭足類にはありそうということで、いくつか実験の紹介なと

第6章 意識を生みだす特性とは何か

全ての生命に備わる特性
脳神経系を持つ生命に備わる特性
原意識を持つ生命に備わる特性
の三段階に分けて、意識を生み出すそれぞれの特性を挙げている。


意識に関わるものとして、予測プロセス、注意、記憶を挙げている
ここでも予測誤差最小化

第7章 原意識の進化とカンブリア仮説

先に挙げた3つの段階がそれぞれいつ頃進化の過程で生じてきたか。
カメラ眼登場に伴う視覚先行説
意識の適応的価値


第8章 主観性を自然科学で解き明かす

デカルトの神秘的な幽霊の正体─訳者あとがきに代えて

用語集

感想

この本のいいところ、面白いところは、意識と一言で言っても色々あるよね、と言ってるところで
まず、同じ種内でもイメージ意識と情感意識の違いがあるという話(意識の議論は、大抵どちらかによりがち)をして、また、種によってこれらを実現する神経基盤が異なることを論じていて、それは面白い
一方で分からないのは、その基準を用いることとそれが意識であることの関係
まあ、ある程度測定可能というか客観的に判断できそうな基準を作って、調べてみる、というのは経験科学としては王道だと思うので、意識の科学としては、十分ありだと思う。
ただ、これでハードプロブレムに太刀打ちできるのかというと謎
こういう神経系になってるからこの動物には意識がある、ない、みたいな話をしているのだが、そもそもある神経系の仕組みと意識とが何で一致してると言ってよいのか、というのが意識の哲学的問題のはず


もっともこの本が、ハードプロブレムに対して全然ダメかというとそういうわけでもなくて、問題の腑分けをしているのは役に立つと思う
クオリアについての説明と主観性についての説明は分けた方がいい、という整理は、よい整理のように思う。
主観性を説明するのに、自-存在論的還元不可能性と他-存在論的還元不可能性というものものもしい言葉が出てくるが、これは、自分の脳は自分の脳神経の活動そのものをモニタするように作られていないし、また、他人と神経は繋がってないから他人の経験は経験できない、という話
個人的には、これは至極もっともな話で、ハードプロブレムの問題が説明のギャップに尽きるのであれば、まあ、これでもいいんじゃないかと思わなくもない。
ただ、ハードプロブレムって、神経系が必然的に意識経験を産むわけではないのでは? という問題なので、神経系が意識を生じさせていることを前提にしすぎると、ハードプロブレム論者を納得させることはできないのでは、という気はする


筆者は、説明のギャップを、参照性、統一性、心的因果、クオリアの4つにわけ、それぞれ神経生物学的な説明が可能であることを論じている
参照性というのは、志向性のようなもののことかなと思うのだけど、哲学者は志向性にギャップがあるとはあまり考えていないように思うので、何故これをギャップをなす特徴の1つとして挙げたのか、というのはちょっと疑問
で、問題はクオリア
筆者はクオリアを持つことの必要条件として生命であることを挙げている
このあたり、あまり明示されていなかったと思うが、サールっぽい
この本は意識の「多重実現可能性」にも言及しているが、あくまでも生物の中の話(意識は、脊椎動物無脊椎動物とで異なる神経によって実現されており、おそらく進化史の中で複数回獲得されたのだろうというような話)
非生命(ロボットやAI)が意識を持つことができるかどうかについて直接的な議論はないが、非生命的な情報理論としての意識理論には明確に否定的である。
サールが強いAI批判をしていたことを考えると、通じるものがある気がする。


また、本書は、生命が階層的なシステムとなっていることを強調している。
低層のシステムをベースに、さらに高次のシステムが生じてくる、と。
こういう階層構造もサールっぽい感じがする
(サールは、存在論的には物的一元論をとるけど、生物学や社会科学は、物理学に還元できないという立場で、それはなんかこういう階層構造的なものが念頭にあったような気がするけど、ここらへんかなり不確かな記憶で書いてます)
訳者あとがきでは、ケストラーのホロン概念が言及されていたけれども。


話をクオリアに戻すと
クオリアは、高次のシステムの持つ特性というかプロセスそのものであり、低次のシステムである神経の働きについてとは、そりゃ一致しないよね、という話をしていて
それの喩えとして、呼吸を挙げている
呼吸というのは、全身で見られる巨視的なプロセスであるが、細胞レベルで見られる微視的なプロセスもある。巨視的なプロセスと微視的なプロセスとは違うけど、どちらも生きていることによって生じているプロセスである、と。
クオリアも、生きていることによって生じてくるプロセスなのだ、と。
先程、生命であることがクオリアの必要条件であることとつながる話なのだが。
しかし、呼吸の喩えは本当に喩えとして成立しているのだろうか、というのは気になるところ。


同型的地図の話は、鈴木貴之『ぼくらが原子の集まりなら、なぜ痛みや悲しみを感じるのだろう』 - logical cypher scape2にあった「内容理論」の神経系的な実装の話として捉えることができたら、面白いかなーと思った



神経生物学的自然主義に最初からある程度コミットした上でなら、この本の議論は面白いし、個人的にも、意識の話は当然進化生物学や神経科学の観点から考えるべきものだよね、とは思うので、その点、正しいアプローチなのでは、と思っている。
一方で、意識の哲学として読むと、ライバル理論を打ち負かすには、議論として足りてないのではないか、という感じがする。
特に、生命が必要条件である、というところは、機能主義だったり統合情報理論だったり、非生命でも意識を持ちうる可能性があると考える立場から見ると、この本の記述だけでは全然納得いかんのでは、という感じ。
訳者あとがきで、ケストラーの轍を踏んで神秘世界に落ちてしまわないように注意しないと的なことが書いてあったが、確かにそういう危険性もあると思う。

Marco Tamborini "Technoscientific approach to deep time"

古生物学(歴史科学)の科学哲学論文
古生物学において、いかに被説明項たる現象がテクノロジーによって生産され、処理され、提示されているか。
テクノロジーと不可分であることを示す。
Derek D. Turner "Paleoaesthetics and the Practice of Paleontology(美的古生物学と古生物学の実践)" - logical cypher scape2の参考文献に挙がってたので、手に取った。


Technoscientific approaches to deep time - ScienceDirect

1.Historical sciences and technology

古生物学(歴史科学)の科学哲学の最近の研究動向
Turnerの悲観主義とClelandの楽観主義の間の論争がまず紹介されている
最近、主に注目されているのは、過剰-過少決定の問題
しかし、テクノロジーはあまり注目されていない
それでも、さらに近年になって、傾向は変わりつつある。A.WyleやC.Wyle、A.Currieの研究

2.Technoscience

テクノサイエンスとは何か
科学とテクノロジーが一体してるような分野
化学やナノテクノロジー

3.Paper technology

18、19世紀の古生物学において用いられたペーパー・テクノロジー
スケッチや表、グラフなど
キュビエの骨のスケッチ
ブロンのグラフ(特徴を数量化し時系列上にグラフ化、進化のパターンを視覚化)

4.Twenty-first-century virtual paleontology

20世紀の初めから、X線が使われるようになり、
1960年代から、コンピュータが用いられる
さらに、21世紀から、いわゆるバーチャル古生物学
より完全なデータを抽出するツールとしてのバーチャル古生物学
単にデータを出してくるのではなく、可能なシナリオの生成ができるようになる。
ラウプの腹足類の殻の研究や、Gatesyのティラノサウルスの後脚の研究(実際のものだけでなく、取りうる形をパラメータいじって調べる)


5.Towards a technoscientific history and philosophy of historical sciences

技術的デバイスは、被説明項を提示する
キュビエは、スケッチから現れたものを説明しようとした
過去に起きた出来事そのものは知ることができないが、過去の力は、十分な現実として現れる
コンピュータで生成されたイメージは、古生物学者がアクセス可能な現実の一部であり、化石と存在論的な差異はない。どちらも、同じ現実に対する側面である


科学とテクノサイエンスの違いは、方法論的なものではなく存在論的なもの
探求の対象が単に発見されるのではなく、創り出される
理論的な表象と技術的な発明は絡み合っている


19・20世紀のペーパーテクノロジーと、20・21世紀のバーチャル古生物学は、強い連続性があるけれど、根本的に変化している。
X線MRI、3Dスキャナーやコンピュータは、表やグラフなどのペーパーテクノロジーにおげる二次元空間ではなく、三次元空間に拠っている
ラウプやGatesyによって視覚化された現象は、ペーパーテクノロジーでは視覚化できなかった


テクノサイエンスとして古生物学や歴史科学を捉えるアプローチは、歴史科学がどのように過去に対して認知的なアクセスをするのかについての理解を助けてくれる
キュビエやブロンやラウプらは歴史的な現象が現れるロバストなシステムを生み出しコントロールするための、テクニカルなスキルを開発してきたのであり、技術と理論のつながりを分析することで、自然史的知識の生産についての理解を広げられる。

Dominic M. Lopes "Drawing Lessons"

画像の認知的価値と美的価値の関係について
ロペスの画像・絵画の価値に関する論集の第4章にあたる論文
同じ本の第2章は以前読んだ
D.Lopes "The 'Air' of Pictures" - logical cypher scape2

個人的には、画像や絵画が、どのような知識がどのように伝えうるのか、という興味から読み始めた。
この論文の前半部は、まさにそのような観点から読むことができるが、後半部からは、認知的価値というのが、知識を伝えることにあるのではなく、知的な徳を涵養することにあるのではないかという観点へと移っていく。
そういう意味では、もともと持っていた自分の関心とはズレがあったが、こんなところにこんな風に「徳」が顔を出してくるのかーという点では面白かった


pictureは、絵画も写真も両方指す語として用いられる。ここでは、一括して画像と訳す。

Cognitivism

画像には、認知的よさと美的よさの両方をもつものもあれば、認知的デメリットと美的デメリットの両方を持つものもあるが、その一致は常に偶然であると考えるのが自律主義
そうした一致には偶然でないものもあると考えるのが、認知主義
この論文は、後者を主張しようとするもの

Knowing Pictures

絵画が知識に貢献するのなら認知的よさがあるのではないか

  • Knowing in, through, and about

画像について知ること
画像を通して知ること
画像の中で知ること、に分類
なお、例としてレンブラントの「ベルシャザールの饗宴」を使って説明されている
「この絵の作者はレンブラントだ」とかは、画像について知ること
ここで問題になるのは、画像の中で知ること
画像に描かれている内容を知ること

  • knowledge and warrant

知識は正当化された(warrant)真なる信念

  • statement blue or green

知識は命題だが、画像は命題ではないのではないか
画像は命題ではないが、画像は命題を主張することはできるのではないか。
知覚的信念の内容を「知覚的報告」と呼ぶことにする。知覚的報告は、知覚されているシーンの中に出てくるモノについての命題
同様に、描かれたシーンの「画像的報告」というのは、描かれたシーンの中のモノについての命題
画像は、画像的報告であるような命題を主張するのではないか。
が、これは広すぎるし、狭すぎる。
まず、1つの画像と結びつく画像的報告は無限にある。画像は、ほとんどの画像的報告が偽であったとしても、真なるステートメントを作ることがある
また、逆に、画像的報告にないような命題を主張しているようなこともある。


画像がpを主張してるというのは、画像がpを主張してるという仮説が、画像がその画像内容をもつことについてのもっともよい説明になっている時、その時に限る
これは、もし画像がグライス的なコミュニケーションの規範に適合するようになっているなら、合理的な仮定。


なお、この節からはラング「出稼ぎ労働者の母」を例に挙げて説明している

  • the limits of warrant

ある画像がある命題を主張しているとして、それは正当化warrantされるのか
まず、知覚的信念についてのwarrant schemaを示し、それと対比させる。
ノーマルな状況でノーマルな状態の観察者がみた知覚的報告は真である蓋然性が高いよね、という奴
画像の中で知ることを正当化するための2つの候補は、1つは画像の内容と画像的報告、もう1つは制作についての事実
前者をwarrant schemaに当てはまると、「画像的報告は真である蓋然性が高い」というのが明らかに偽
後者は、例えば写真的プロセスで作られたなら、真である可能性が高いとか、どこどこに掲載されてるなら、真である可能性が高いとか


なるほど、画像内容から知識を得ることはでかかるかもしれない
しかし、それは認知主義が正しいことにはならない
自律主義も、画像から知識を得られることによって画像が認知的よさを持つことは認めるけど、それが美的なよさを含意してることは認めない


認知主義は、作品のメッセージが美的価値と繋がってることはあるのではないか、と論じるかもしれないが、批評が重視するような要素は、そのメッセージの説得力であって、そのメッセージが真であるかや正当化されているかではない(美的に評価される時に、認知的価値と関わる要素は見られていない)

  • beyond truth and warrant

Virtuous Vision

認知的評価は、信念の特質(insightfulとかopen-mindedとかnarrowとかconfusedとか)もターゲットにする
認知的な目的は、知的な徳intellectual virtureを通して達成される
知的な徳を持つことは認知的なよさ
画像は、知的な徳を涵養することに貢献することで認知的な価値を持つのではないか

  • intellectual virture

知的な徳とは何かについての説明
外在主義と内在主義で、徳についての説明が違うことなど

  • fine observation

画像を鑑賞する時に、知識を獲得したりしようとしているわけでは必ずしもなくて、知的な徳のエクササイズ
実際に、画像は、知的な徳を涵養してるのか。
画像が見る者に対して要求するものが、知的な徳を強化するなら、そう言えるのではないか。
画像が見る者に対して求めるのは、よき観察者であること
よき観察者として求めること
(1)deliacacy of discrimination
(2)accuracy in seeing
(3)adaptability of seeing

Aesthetic Ascent

最後の節は、当然この論文の結論部で、画像が知的な徳を涵養することと、その画像の美的な価値がどのように関わっているか論じている箇所となっているが、省略する

  • cognitic -- aesthetic
  • Cognitivist criticism
  • fine seeing-in

”All Yesterdays: Unique and Speculative Views of Dinosaurs and Other Prehistoric Animals”

筆者は、 Darren Naish、John Conway、 C.M. Kosemen
以前読んだDerek D. Turner "Paleoaesthetics and the Practice of Paleontology(美的古生物学と古生物学の実践)" - logical cypher scape2の参考文献に出てきていた本だったので、手に取った。



Paleoart(復元画)についての本で、筆者のうち2名はアーティスト・イラストレイターである。
サブタイトルに、ユニーク&スペキュレイティブ・ビューとあるように、少し変わった見方を紹介している。
恐竜や古生物についてデータがあるのは化石が全てであり、基本的には骨である。
骨の長さなどは分かるが、皮膚がどのようになっているかなどは分からない。
作者は、そこにスペキュレイティブの余地があって、データとスペキュレイティブの両面から復元画が描かれるというようなことを述べている。
もちろんこれは何でもあり、という話ではなくて、データに基づいて、また現生の動物を参考にしながら仮説がつくられていくことになる。
本書の面白いところは、All YesterdaysとAll Todaysの二部構成になっているところで、前半では、恐竜や恐竜と同じ時代の古生物について個々の種について紹介されていくのに対して、後半では、現生の動物について、恐竜と同じ方法で(未来の古生物学者からの視点で)仮説とイラストが作られている。
実際の動物を知ってる身からすると、かなり奇妙な仮説や見た目が登場するのだが、恐竜でもこれと同様の推測がされていることがあるのだということと併せて述べられていて、古生物学の難しさと面白さが伝わってくる。


カルノタウルスの小さな手がディスプレイに使われていたのではないかとか
小型翼竜を捕食するでかいムカデとか
泥遊びするカマラサウルスとか
(表紙にも使われている)木登りするプロトケラトプスとか


逆に現生動物だと、ネコとかカバとかサイとかクモザルとかの、なかなか不気味でインパクトのある「復元画」が続き、未来の古生物学者による説明が付されていたりする
首が水平に伸びて動かないウサギとか、毒腺のあるヒヒとか、吸血ハチドリとか、実際の動物を知ってると何だそれは、という復元なのだが、これらは恐竜に対して実際にそのような仮説が言われたことがあって、それを適用してみたもの
あと、鼻も耳もない象とか、やけにほっそりした姿のクジラとかも

天冥の標9・10

というわけで読み終わりました


最後はシリーズの集大成なわけだけども、各巻ごとに異なる顔を見せてきた本シリーズは最終巻でもやはりそうで、これまでになくスペオペ
無数の地球外知的生命体種族が現れ、意味不明なスケールの宇宙艦隊戦をやり始める
ポッと出の奴らの話じゃなくて、メニーメニーシープ側の人たちの話読みたいんですけど、とも思うのだが、太陽系人類以外の種族の話も面白いのでズルい


救世群と千茅が月面に初めて行ったエピソードがグッとくる
で、青葉のエピソードで閉められるわけだが
いつか終わりがくるよという青葉の夫のセリフに対して、読者はまさにその終わりを見届けたので、そうだよ、そうなんだよと思う一方で、800年後だけどか……ともなるが、しかし、その800年かかったとしても、というのを描けるのが SFだよねーとも思う
あと、ノルルスカインのこと考えると、800年なんて一瞬だしな


アクリラがダダーになるとは思わんかった


ブラックチェンバーの重力が増したのって、ドロテアの人工重力と説明されてるけど、徐々に増えていったのと、アイネイアやユレインが計算して原因を推測していたあたりは、セレスが加速したからだと思ってたんだけど、どうなんだろう
(まあセレスの加速もドロテアによるものではあるが)


《天冥の標》合本版

《天冥の標》合本版

天冥の標(7・8)

巻ごとに異なることを色々やってるこのシリーズ
7巻は、十五少年漂流記、ただし子どもの数は5万人、みたいなっ 奴だった
で、少しずつ、これが一巻のメニーメニーシープにつながっていくんだろうなというのは分かってくるんだけど、実際に繋がった時には、うお、こうなるのか感


8巻は、前半で1巻の裏側というかイサリ視点で1巻の話が語り直される
イサリぃ
後半は、いよいよ1巻のあのラスト以降の展開へ

天冥の標(5・6)

一巻のあとがきで、やれることを全部やる的なことが書かれていたが、5巻でようやく何となくその意味が分かってきた
5巻は、小惑星の農家の話で、これまた1〜4巻とは少し雰囲気が異なる。
こうやって、1つの物語の中でしかし、様々なネタ・アイデアを展開しているのだな、と。
5巻は、全体の流れとしては、3巻の宇宙海賊やドロテア・ワットの話の続きなのだが、3巻のような派手な戦闘はなく、小惑星で農業をすることがどういうことかが描かれていく。
3、4巻がわりと特殊なコミュニティ、特殊なシチュエーションの話だったのに対し、5巻は打って変わって、普通の人々の日常、ただし場所は小惑星という感じで面白かった。話も、農夫の父親と都会に出ていきたい娘の関係を軸に進むし。
また、5巻は、これまで断片的にしかでてこなかったダダーのノルルスカインとミスチフについての長い物語も同時並行で進む。
実は、宇宙規模で、ある1つの種族による侵略が進んでおり、地球人類を襲った冥王斑もその侵略行為の一端であったことが明らかにされる。



でもって、6巻
6巻とはいうものの、さらにvol.1〜3に分かれた3巻本となっている。
巻のタイトルは「宿怨」
このタイトルが示す通り、救世群の宿怨が噴出し、太陽系世界を未曾有の戦争と厄災へと突き落としていく。


で、ここまででおそらく、1巻に出てきた主な集団などが出揃ったのではないかと思う。
6巻から年表と用語集がついて、ちゃんと復習しとけよ感も出てきたし
まさか、メイスンことカルミアンがこんなだとは。


天冥の標Ⅴ 羊と猿と百掬の銀河

天冥の標Ⅴ 羊と猿と百掬の銀河

天冥の標Ⅵ 宿怨 PART1

天冥の標Ⅵ 宿怨 PART1

天冥の標Ⅵ 宿怨 PART2

天冥の標Ⅵ 宿怨 PART2

天冥の標Ⅵ 宿怨 PART3

天冥の標Ⅵ 宿怨 PART3